天候が太陽光発電に与える影響と割合について

まず太陽電池パネルが発電する原理から考えます。太陽電池は、p型とn型2種類の半導体で出来ていて、そこに光が当たる事によってこの半導体の両端にプラスとマイナスの電気が発生します。その発電量の大きさは、光の強さが大きく入射角が垂直に近いほどたくさんの電気が生じます。それでは天候によってどの程度発電量は落ちるのでしょうか。あるメーカーがネット上で公表した数値では、雨天時には1/5〜1/20、曇天時は1/3〜1/10まで落ちるそうです。また雪の日,パネルの上に雪が積もっている場合は、全く光が届きませんから発電量は0であり、発熱による雪解けを待つかパネルの傾斜によって雪が落ちない限り発電できません。そのほか太陽電池の特性として、パネルの温度が上昇することによって効率が落ちることが分かっています。パネルの素材によって若干の違いはありますが、25℃を基準にして1℃あたり0.3〜0.45%落ちるようです。たとえば真夏の8月に屋根の上でパネルの温度が70℃まで上昇した場合、最悪20%も効率が落ちる計算になります。

ELJソーラーコーポレーションの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?